JAPAN TENTとは
HOME > JAPAN TENTとは

JAPAN TENTとは
 かつて、アメリカ合衆国南部の一地方都市で、ベトナムの子供たちを自宅のベランダに招いて英語を教えていたコリンズという一市民がいました。この人の小さな善意は州から州へ広がり、やがて全米規模の運動となって『コリンズ ベランダ』と呼ばれ、人々に大きな感動を与えました。他方、フランス南部のバカンス村では、様々な国から訪れてくる人々に対し、その地のボランティアグループが暖かい交流の場『フィニオンズ テント』を作り、趣向を凝らした交流の場、テント村としたのです。

 人が国境を超えて集い、心を開いて語り合い、来る新世紀に向かって新たな世界を創造する、これが日本全国で学ぶ外国人留学生、研修生と市民のふれあいのためのテント=『JAPAN TENT』です。

 このジャパンテントは、日本の石川県で開催しています。石川県 は日本列島のちょうど真ん中に位置し、日本文化の宝庫と言われ ています。第1回は1988年の夏でした。

ジャパンテントのコンセプト
のキーワードは
交歓=Fraternity
創造=Creativity
連帯=Solidarity

です。これらは、私たちのウエルカム運動としてジャパンテント のプログラムの中で、さまざまに活かされています。


企画趣旨
 貴重な青春時代を日本で学ぶ様々な国からの留学生、研修生を石川県に招き、県全域を大きな交流の場『TENT』として県民との交流を行います。恵まれた自然やそこで培われた豊かな伝統文化をベースに『世界に開かれた国づくり、地域づくり』を人と人との触れ合いを通して推進する、それが『ジャパンテント』の大きな目標です。

名称
『JAPAN TENT-世界留学生交流・いしかわー』

開催期間
毎年8月

開催地
石川県内全19市町

参加者
日本全国で学ぶ世界各国からの留学生、研修生など。

これまでの留学生の出身国、地域名
インド、インドネシア、カンボジア、韓国、シリア、シンガポール、スリランカ、タイ、台湾、中国、トルコ、ネパール、パキスタン、バングラデシュ、フィリピン、ブータン、ベトナム、マレーシア、ミャンマー、モンゴル、ラオス、オーストラリア、ニュージーランド、パプアニューギニア、パラオ、フィジー、アルジェリア、エジプト、カメルーン、ガーナ、ケニア、コンゴ、ナイジェリア、モロッコ、アイルランド、アルメニア、イギリス、イタリア、ウクライナ、ウズベキスタン、エストニア、オーストリア、ギリシャ、スウェーデン、スペイン、スロバキア、チェコ、デンマーク、ドイツ、ハンガリー、フィンランド、フランス、ブルガリア、ベルギー、ポーランド、マルタ、ルーマニア、ロシア、アメリカ、カナダ、アルゼンチン、エクアドル、コスタリカ、コロンビア、チリ、ブラジル、ベネズエラ、ペルー、メキシコ、リトアニア、ラトビア、カザフスタン、トルクメニスタン、タジキスタン、アゼルバイジャン、イラン、ヨルダン、レバノン、パレスチナ、サウジアラビア、ハイチ、ドミニカ、エルサルバドル、東ティモール、南スーダン、ブルキナファソ、トーゴ ほか


 毎年、抽選により多数の留学生たちが大会に参加します。彼等の中には、日本で活躍する人もいますが、ほとんどがそれぞれの国や地域に帰り、日本での留学体験を活かし活躍しています。

 ジャパンテントの大きな特徴の一つに、日頃は研究と学習に多忙な留学生に、日本人の平均的な暮らしや文化を体験してもらうことがあります。石川県を通じ、日本の文化に触れ、本当の日本の姿を見てほしいからです。

 もう一つの大きな特徴は、約1週間のホームステイを通じ、まさしく言葉や文化を超えた交流が行われます。留学生や私たちにとって、また、世界や日本の未来にとって、この短い時間の中での出来事はあまりにも大きな成果です。

 また、このジャパンテントは、ホストファミリーや石川県各市町のスタッフ、地元の大学生などが、準備から開催まで活躍してくれます。いわば、ジャパンテントの屋台骨を支えてくれているわけです。

ページトップへもどる